You are currently viewing 愛に溢れたあなたへ そのままのあなたであれ

愛に溢れたあなたへ そのままのあなたであれ

『究極のコーチ』という本は、私がこれまで読んだ中で最も影響を受けた本です。 この本に出会った経緯と、なぜこの本が私にこれほど影響を与えたのかについて、短い記事を書いているので、この本をご存知ない方は、まずこの記事をお読みください。 

『究極のコーチ』という本と、スティーブとエイミー・ハーディソン夫妻に心を大きく動かされた私は、ある朝、「この本を日本人のため訳しなさい」という声で目が覚めました。 「たとえ1,000人しかこの本に心を大きく動かされなかったとしても、その人たちひとりひとりにとって、そしてその人たちが触れ合う人たちにとって、この本は真の贈り物になるだろう」という内容でした。  普段の些細なことについておしゃべりする声とはまったく質の違う声を聞くと、私はいつも即座に行動を起こします。 そこですぐにベッドから起き上がり、スティーブ・ハーディソンにメッセージを送り、『究極のコーチ』の翻訳をさせてもらえないかと頼みました。 彼は、彼の妻であるエイミー・ハーディソンがこの本を執筆し、責任者であるため、彼女と話す必要があると言いました。 そこでエイミーと連絡を取り、『究極のコーチ』の日本語訳を許可してもらったのです。

この本についてのスティーブとエイミーとの最初のやり取りから数日後、スティーブは東京に住むゲリー・マーラーを紹介してくれました。ゲリーは世界一流クラスのコーチであり、素晴らしい人間です。 英語が読める方なら彼についてこちらで詳しく知ることができます。数日後、ゲリーは私の家に来て、東京を見下ろす私のマンションの8階の屋上に座っていました。多くの時間、私たちは黙って一緒に座り、彼は時折私の人生について質問しました。私は彼とのつながりを感じ、私たちのコミュニケーションにおいて話すことよりも沈黙が多かったことがとても好きでした。この数ヶ月間、ゲリーと私はほぼ毎週のように会ってきましたが、彼と会うたびに、理想の自分に向かって加速していくのを感じています。    

ゲリーは、私が『究極のコーチ』を一語一句翻訳し、自分のことのように読むという素晴らしい機会があることを思い出させてくれました。だから、ゲリーのおかげで、翻訳をするときは、裏表紙と最初の2ページを日本語で読み、それから翻訳を進めます。それ以来、私がこの本を翻訳した経験は、以前と違うものになりました。私は今、より深いレベルで感動しています。 

スティーブ・ハーディソンは多くの点でユニークです。彼が人々に対して、そして人々について語りかける姿勢は並外れています。メールやSNSへの投稿、そして著書の中で、彼が他者に愛を表現するユニークな方法のひとつに、「Loving you. Be Blessed」という表現があります。文末に書く「Loving you. Be Blessed」を日本語に訳すには、まず英語で理解する必要がありました。  

日本語の「愛」の表現方法の違いについて説明すると、日本の文化では、愛情を口にすることが西洋の文化に比べて少ないです。結婚しているカップルの中には、お互いに「愛してる」と言ったことがないと言う人もいます。「愛している」は直訳すると「I love you」。「好き」や「大好き」は文字通り「like」とか「really like」という意味で、言葉で愛を表現するときにはこちらの方がよく使われます。 

「Blessing」は日本語でも多くの訳語があり、最も一般的なのは名詞の「恵」で、日常的な話し言葉で使われます。受動態の「祝福されている」は「To be blessed」ですが英語では「優れた遺伝子に恵まれている(容姿が良い)や経済的に恵まれている(裕福だ)という形でも使用されます。一方日本語の「祝福されている」はよりフォーマルで宗教的な意味合いになります。 

英語と日本語の間にあるこの「愛」と「恵」のギャップを埋めたいと強く思った私は、スティーブに連絡を取りました。 

スティーブは、「Loving you」は「I love you」即ち「あなたを愛しています」という意味であり、また「Loving you」は「美しいあなた!」とか「パワフルなあなた!」とか「ハンサムなあなた!」と言うようなニュアンスのメッセージを伝えていると言いました。それはあなたという存在の状態を示しています。つまり「Loving You」とは、愛にあふれたあなたのことです。それは、「愛する人 」と言うのと同じように、あなたが誰であるかを表す役割を果たすのです。

そして、こう話してくれました。 「Be Blessed」。「Blessed」の意味は、聖なる人、神聖な人、世話をしてくれる人、才能のある人です。「神聖であれ」「 賜物であれ」「愛されなさい」 「祝福します」と言うとき、彼はその人に祝福を送っているのです。「祝福します」「幸せであれ」「平和であれ」「そのままのあなたであれ」と彼は伝えているということなのです。

スティーブが「Loving you. Be Blessed」と文末にサインするたびに、その言葉や思いがまずスティーブの中を通り過ぎる。したがって、彼は他の人たちに愛と恵を表現していますが、究極的には、彼が送るメッセージを通して自分自身を愛し、恵まれていることを感じるのです。

自分自身を愛し恵まれていることを感じながら、世界を愛し恵を循環させることは、なんと素晴らしく美しいことでしょう! 

愛に溢れたあなたへ。そのままのあなたであれ。Loving you. Be Blessed.

ボーディ