You are currently viewing 果敢な行動:ためらいゼロポリシー

果敢な行動:ためらいゼロポリシー

12月のとても寒い朝、4時から5時の間に私は目を覚ました。私たちは寝るときにヒーターを切るため、冬は部屋の温度が14〜17℃(華氏57〜62度)に下がります。私たちは床に布団を敷いて寝ており、非常に暖かい羽毛布団で覆われているため、快適と寒さの対比がはっきりしています。その朝私が目を覚ましたとき、私は「トム・ハンクスのフォレスト・ガンプがジョン・F・ケネディに会う」そのシーンの感覚を持っていました。「トイレに行かなくちゃ」という思いが先に浮かびました。次に私が考えたのは、「本当に行かなきゃいけないのかな?」ということでした。そして、突然、強力な声が「ためらわない!」と言いました。冗談ではありません。正確にその通りのことが聞こえたのです。私はその声に従い、ベッドから出て、その瞬間にトイレに行きました。

この「ためらわないこと」は私がシステムにダウンロードしたソフトウェアの一つです。私が100%従うわけではないときがありますが、私が従わなかった場合には明確にわかるため、なるべく早く対処できます。

「ためらいゼロポリシー」とは

何か考えたら、すぐに実行する!0秒は少し厳しすぎるので、3秒以内に何らかのアクションをとるようにしましょう。食べ物を床に落としたときの3秒ルールのように、3秒以内に行動すればまだ「良い」でしょう。場合によっては、アクションできない場合は、ボイスメモを取ったり、テキストメモを書き込んだり、紙に書き留めるだけでも構いません。

簡単な個人的な例を挙げます。最近、友人と会話をしていたとき、ブログの記事の内容をひらめきました!それは、92歳になるさーちゃん(妻の祖母)に影響を受けた時のアイディアです。このつかの間のインスピレーションを失いたくなかった私は、メモを取り出し、『さーちゃん』というキーワードを書きました。このほんの数秒の間が重要でした。私のアイデアのエッセンスを十分にとらえることができ、さらに会話を発展させることができたのです。

ためらいゼロポリシーを持つことの課題

  • 居心地が悪くなることがあります。
    • 私たちはコンフォートゾーンに留まりたいことが多いので、葛藤が起こります。
  • 交感神経系(闘争または逃走反応)を高める可能性がある。
  • 最初のうちは、完全にやり遂げることができないかもしれない。
    • 怖い相手に何かを伝えたいと感じるかもしれない。

ためらいゼロポリシーを持つことのメリット

  • あなたの「思考から行動へ」のスピードを上げ、人生全体を根本的に改善することができる。
  • より多くの人とつながることができる。
  • 正直に、親切に、そして誠実に、より多くの人と接することができる。
  • 即座にフィードバックが得られる。
  • これが習慣化されればされるほど、考えてから行動するまでの数秒が極めて明確になる。
  • 勇気ある行動」ボタンがオンになる。
  • 「勇気ある行動」とは、勇気を必要とする行動であり、本質的に変容をもたらす行動である。

自分の「ためらいゼロポリシー」を実践する

ぜひ、この習慣を実践してみてほしい。 自分の中の偉大な声」に毎回耳を傾けることはできないかもしれないが、80%の確率で即座に行動を起こし始めると、内面の変化に気づき始めるだろう。

小さなことから始めよう:

  • 朝起きたらすぐにベッドメイキングをする。
  • 食後、食器を洗って乾かして片付ける。
  • それほど難しいことではないが、面倒だからと先延ばしにしている「あの仕事」をやり遂げる。
  • 脳と体が休憩が必要だと言っているときは、仕事を休む。
  • 翌日すっきり目覚められる時間に就寝する。

このような小さなことをやり始め、それをやり遂げれば、もっと大きなことが頭に浮かんでくるようになる。 行動するにはもっと勇気がいることだ。 小さなことを一貫して行うことで、大きなことにレベルアップし、力強く優雅にやり遂げる力が湧いてくる。

要するに、あなたは「勇気の筋肉」を鍛えているのだ。 勇気は感情であり、身体を鍛えるのとまったく同じように鍛える必要がある。 筋力トレーニングを始めるときは、軽いウェイトを使ったいくつかのエクササイズから始める。やがて、ウォームアップ・セットで使うウェイトは、ヘビー・セットで使うウェイトよりも重くなる。 卓越には、練習への献身が必要だ。 これでいいのだ!

「ためらいゼロポリシー 」を提唱する3つのインパクトあるフレーズ

  • Just Do It!– ナイキの世界的に有名なスローガン
  • Do it.  Do it right.  Do it right now. – 末日聖徒キリスト教会の元会長、スペンサー・キンボールの言葉。
  • It’s Now or Never🎵 – キング・オブ・ロックンロール、エルビス・プレスリーからのメロディックなメッセージ。

鉄は熱いうちに打て、ためらいゼロポリシーを実行しよう😀。

もしこの記事があなたの心に響き、あなた自身の「ためらいゼロポリシー」の実践について、あるいは自己変革、障害の克服、明確な目標の設定、食事、マインドセット、健康、フィットネスの改善、あるいは筋力トレーニング・プログラムの明確化について、より深い対話に興味がおありでしたら、これらのトピックをさらに掘り下げるために、60分間の無料Zoomセッションに私と参加することをご検討ください。

あなたの感想を下記のフォームから送っていただけると嬉しいです。

ためらいをゼロにしよう!!

ボーディ